all  | music  | books  | movies 

Dear 愛がなんだ,

愛がなんだはなぜこんなに人を蝕むのだろうか

123

2019/06/12
Dear愛がなんだ,
2019年4月19日小さく全国公開。全国72館での上映スタートだったが、10代後半〜30代の女性やカップルを中心にSNSや口コミで評判となり、独立系の低予算作品としてはあまり例を見ないロングランヒットを記録。2019年6月時点で152館まで上映館が拡大された、とウィキペディアに書いてある。そのSNSや口コミ、はもちろん私の耳に届いていて、毎日のようにTwitterのタイムラインに「愛がなんだ」という文字を目にする。

私は監督の今泉力哉さんのTwitterをフォローしている。今泉さんは愛がなんだ、の感想やコメントが書かれているツイートを片端からリツイートして、たまに消えます、とか苦しい、脚本脚本、とか言ったりしていて私の中では失礼ながらあんまり精神衛生がよくない人、にみえている。

映画館になかなか出向けなかったので、まずは今泉監督の過去作品を二作みた。どちらもみんなの恋が叶わない映画だった。愛がなんだ、も「私は彼の恋人じゃない」というコピーからしてきっとそうなのだ。
時はきた。時間を見つけテアトル新宿のI-1の席をネットで買った。愛がなんだを観に行ける。ついに観に行ける。

テアトル新宿では愛がなんだドリンクが売っていた。うっかりキウイアップル味の「まもちゃん」とキャラメルポップコーンを買ってしまった。テアトル新宿の思う壺だ。

上映10分前会場に入る。後ろを振り返ると立ち見チケットを購入したお客さんでぎゅうぎゅうだった。上映開始からもう2ヶ月経っている、毎週末には新しい映画が続々とリリースされているのに、だ。なんだこれは。

キャラメルポップコーンを食べる手を止めず、まもちゃんをちびちび飲みながら観た。

やっぱり、みんなの恋が叶わなかった。

葉子がテルコに「そんなことされて死にたいとか思わないところがテルコのいいところだよね」とかなんとか言っていたけど本当にそう思う。出てくるみんな心が折れてるように見えて折れない。そこが見ていても辛くならない理由なんだろうか。恋愛には弱いくせにへこたれない、そんな主人公がみんなきっと好きなんだ。

私はあんな恋愛の経験をしたことがないのだけれど、あの精神衛生が悪そうな今泉力哉監督はどうしてこんなにも女性の気持ちをえぐる表現をしてのけるんだろう。心を掴んで離さないとはこういうことだ。今泉監督はすごい。キャラメルポップコーンを食べ切って、まもちゃんを飲み切って、テアトル新宿を出てから、あの話が頭から離れない。映画を観てから2週間が経ち、移動中はいつもHome comingsを聴いている。

全然関係ないけどテアトル新宿はいい映画館だよなあ。実は1人で映画館で映画を観たのはこの映画が初体験だった。とてもいい記念になった。I-1の席をまた買おう。あの席がたぶん1番いい。
Sincerely,123
とどけ!2
スタンプ1
#まもちゃん  #テアトル新宿  #テルコ  #今泉力哉  #岸井ゆきの  #愛がなんだ  #成田凌  #江口のりこ  #深川麻衣  #片想い  #穂志もえか  #筒井真理子  #若葉竜也  #追いケチャ  #角田光代  #homecomings 
101

123

音楽系専門学校を卒業し、PAを経験。そのため人生のうち様々な音楽と出会い影響を受けてきました。音楽なくして私の人生なし。

50